自転車大好きなアラフォー夫婦の日常!!  
http://ukisaruko.blog.fc2.com/
admin
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

さるるこ

Author:さるるこ
自転車にはまっているアラフォー主婦です。同じくアラフォーの主人と九州に生息中
最近、夫婦でキャノンデールスーパーシックスエボに乗り換えました(*^^)v
訳あって夫と同じチャリになりましたが、決して仲がいいわけではありません。
あしからずぅぅぅ~(@゜Д゜@;

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
昨日の予告と違った記事で申し訳ありません(;^ω^)

今日は小さなわが町で、「the winds of god」の舞台公演がありました。
チケットを頂いたので、さるる夫と二人で見に行ってきました。

006_20130129230500.jpg


なかなか、舞台公演など見に行く機会もないので、( ^ω^)ワクワクです。

007_20130129230500.jpg

メインキャストは「今井雅之」さんと「なだぎ武」さんです。

ストーリーは・・・

2012年8月1日 東京
「お笑い名人大賞」を夢見る漫才師、アニキとキンタ。
うだつが上がらずストリップ劇場のステージをクビになった二人は、交通事故に・・・

意識を取り戻すとそこは1945年8月1日太平洋戦争末期の日本海軍。
彼らに突きつけられた現実は、神風特攻隊員としての前世の姿。
時空の渦に巻き込まれた彼らは戸惑い、現実を否定しながらも時を彷徨っていく。

戦争という大儀の前、任務遂行のため命を差し出すことを余儀なくされた若者達。
その中で突然突きつけられる「死」という現実。

ある者は神に祈り、ある者は心の奥に疑問を抱きつつ、それでも戦いの空に飛び立っていく。
過去と未来の狭間で運命に翻弄され、己の無力さに歯がゆさを感じる。

ついに二人にも零戦に乗る日がやってきた。

彼らの運命は・・・

※オフィシャルサイトより

さるる夫帰宅後、急いで夕飯をたべて・・・

003_20130129230459.jpg

会場入りしました。
出演者にお花がたくさん届いていますね(^ω^)

005_20130129230500.jpg

公演中は撮影禁止なので、写真はここまで~
会場はほぼ満席です。

19:00時間通りに、舞台のはじまり、はじまり~♪♪

winds_of_god_gene03-thumb-535x356-1601.jpg
※画像お借りしました。

やはり、生舞台は迫力が違います。
舞台の狭い空間を、とても工夫して見せてくれます。

20130121-00000050-dal-000-1-view.jpg
※画像お借りしました。
「今井雅之」さん「なだぎ武」さんの舞台を盛り上げようとするブロ根性はすごいです。
結構、アドリブも多かったですよ!!

img20121011204550059.jpg
※画像お借りしました。

劇中、お二人での漫才も面白かったです。
笑ったり・・・

最後は泣いてしまったりと・・・・
楽しい時間を過ごしました。

最後、今井さんのあいさつの中で、わが町「国分」からも約400名の特攻隊員が飛び立ち
犠牲になっているとの話がありました。

「知覧」と「鹿屋」の特攻部隊については知っていましたが
自分の住んでいる「国分」にもそんな悲しい歴史があることを初めて知りました。

改めて平和のありがたみを感じつつ、いろいろと考えさせられる
舞台公演でした。


人気ブログランキングへ
  ↑↑↑↑↑↑
ランキングに登録しています(^_^)v
よかったら「ぽちり」とクリックお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト
 
Category: 日々の出来事
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

劇場へ行って舞台を見るなんてことは最近ないなぁ。
たまにはいいよね♪♪

特攻隊のことを最近の若い子たちはあまり知らないのにビックリ
年代の差を感じる今日この頃です( ̄ー ̄;

NAME:見てみたいと思ったくみさん | 2013.01.30(水) 14:10 | URL | [Edit]

 

観劇でしたか

伝えて行きたい戦争と言う悲劇。世界のあちこちで今でも紛争続き。
命の尊厳がひしひしと・・・。昨今の「いじめ」「体罰」もなぁ~。
語り部さんが少なくなりましたから、そのような舞台を通じての啓蒙も大事ですね。
戦時中、近衛兵の部隊にいた親父は、晩年に写真集を出版したのですが、
戦争の悲惨さを語ろうとしませんでした。ただ、「戦争はすいもんじゃね!」と。

NAME:ILmoon | 2013.01.30(水) 20:07 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>見てみたいと思ったままくみさん
見てみたいな~と思っていたらチケットを頂いたのでラッキーでした(^ω^)

> 特攻隊のことを最近の若い子たちはあまり知らないのにビックリ
そうなんでしょうかね~(-_-;)
一度、知覧の特攻記念館に行ってほしいですね・・・
わたしは小学生の頃、初めて行きましたが衝撃でした・・・(´;ω;`)

NAME:さるるこ | 2013.01.31(木) 08:48 | URL | [Edit]

 

Re: 観劇でしたか

>ILmoonさん
なんか、ILmoonさんのコメントを読んでいろいろと考えさせられました。
わたしは父母も戦後世代なので、生の体験を聞くことなく育ちました。
身近な戦争体験者の言葉は重いですね。

>「戦争はすいもんじゃね!」
本当にそう願います。

NAME:さるるこ | 2013.01.31(木) 08:53 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちゃりーず かふぇ , all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。